はり・灸・美顔美容・高麗手指鍼のcomari鍼灸院

一般治療のご案内

体質改善をして病気を治す根本的難題に小松式高麗手指鍼が解決していきます。なかなか改善されない病気や 痛みに苦しんでいる方にお勧めの治療方法です。

高麗手指鍼とは

1975年 ユー・テーウ氏によって創案された最も新しい鍼灸術です。現在、世界中で代替療法の最先端を行く高麗手指鍼療法は、これまでの西洋医学とはまったく違い、東洋医学をベースにして いるものの、治療対象を異にする独自的な医療領域を歩んできたものです。手のひら・手の甲・指先を実際の治療に使用するのは 革新的な治療法です。



(左)高麗手指鍼療法学会長、柳泰佑〔ユー・テーウ氏〕

コースと料金

初診料
(ご紹介の方は半額の1,080円)
2,160円
基本的な高麗手指鍼 30分 4,320円
高麗手指鍼 40分 5,400円
高麗手指鍼 40分
(※出張はこちらの料金になります)
7,020円
※疾患や痛みによって鍼の本数を増やしたり、お灸をすることもありますので随時ご相談ください。



オプション

小松式高麗手指鍼と下記の治療と組み合わせて行うことで、より高い効果を生むことができます。

体の治療
美顔鍼・高麗手指鍼と合わせて治療効果をあげていきます

30分 部分治療 5,400円
60分 全身治療 7,020円

スポーツ鍼灸(けがの予防、けがの治療)

鍼灸+マッサージ施術 60〜80分 10,500円


よくいただくご質問

Q. 手のひら・手の甲・指への鍼は痛くないの?

A. 痛くない鍼をアピールする鍼治療があるのも確かですが、正直なところ高麗手指鍼という治療法は確かに 痛みはあります。しかし、患者さんが求めているのは「痛くないこと」なのでしょうか…? 『どれだけ症状が取れるか』ということなのではないのでしょうか?手指鍼は慰安的な鍼ではありませんし、痛いといってもそんなに痛いわけではありません。高麗手指鍼は一般に 治癒困難とみられる疾患への効果が絶大なのです!!!!!

Q. 一般的な鍼灸治療との違いは?

A. 一般的な鍼治療の効果のおいては、鍼そのものの効果や治療システムの効果より、治療をするひと個人の能力 に負う部分がとても大きいといえます。
しかし高麗手指鍼治療は鍼そのものの効果、治療効果が際立っているのです。 ですから多くの難治といわれてる疾患に対応できるのです。治療部位は手指なので気胸や抜針などの医療過誤が おきにくいのも長所ともいえるでしょう。 1人でも多くの患者さんの支えになるように高麗手指鍼という治療方法を世界に広める運動をおこなっています。
「手は人体の縮図」ということで人体に流れている「気」であるエネルギーが両手(手の掌・手の背・指)に流れ ているという原理から、高麗手指鍼治療をすることで、脳への血流量の調節による臓腑機能の均等維持を最終目的 としています。 現代、病気が発症するきっかけも個人差が多い中で、病気に対しても引き金様々で診断困難なものが多くみられます。
治療方法が確立されていないため痛みを和らげる薬を使いながら、リハビリなどの理学療法を行うのが一般的ですが 、高麗手指鍼は患者さんの限られている時間の可能性を引き出してくれる治療法でもあると私は思います。 そして東洋医学で治せる治療方法は限界があると私は思っていましたが、以前病院で統合医療に力を入れている 現場に勤務していました。
そこで、ドクターは「西洋医学には限界がある。最先端の治療法は東洋医学にかかっているのかもしれないな〜」 とおっしゃっていました。痛みがゼロにならなくても、ゼロに近い状態になり薬やリハビリの回数が減っていく ように、高麗手指鍼治療には希望をもって自分の体と治療に向き合って欲しいと思います。



以前韓国で開催された高麗手指鍼両方の学術大会に参加させていただいた感想やあらためて感じたことなどを書いていきたいと思います。

今回初めての韓国ということもあり、ドキドキワクワクしながらもあくまで、高麗手指鍼に対する治療方法や治療をしていくなかでの奥の深さなど治療に対する基盤を確実にしていきたいと思って参加させてもらいました。 前夜祭では、沢山の人数に圧倒されてしまいました。 伊会長をはじめ数々の先生方が、高麗手指鍼を広めるために努力されてきたこと、人が痛いと感じる脳の解剖学・生理学的メカニズムが、わかりやすく説明されました。(実際、痛みをかかえている患者さんも参加されていたので)

そして、高麗手指鍼学術大会当日は、私がセミナーでお世話になっている小松隆央先生が、 腎不全と高麗手指鍼:血清クレアチニンに及ぼす高麗手指鍼の効果について発表されました。腎臓=鍼・・・結びつくのでしょうか?腎臓に疾患を持っている患者さんのほとんどが気づいたときには、検査数値や病状が進行してしまっているのです。そんな中、小松先生は高麗手指鍼での効果がある発表しました。 小松先生は、知識・経験のみならず、高麗手指鍼が優れた治療法であり、1人でも多くの患者さんの力になりたいと全力を尽くされています。
今回小松先生が発表された内容を聞きあらためて感じたことは、現代医学との組み合わせで可能性が広がっていくことに胸の高鳴りがしてきました。この治療方法は、効果のある疾患や障害の適応が幅広く病院診療科でいえばほとんどすべての科目の病気に効果があるということです。そして韓国と日本のみならず、世界各国でこの「高麗手指鍼」が注目されている治療法だと今回の学術大会で感じ取ることができました。

私にできること、それは患者さんと向き合うこと。
その中で、患者さんの根本の痛みや辛さを高麗手指鍼という治療法でお手伝いしていくこと。簡単に聞こえますが、大切なのは治療をしていくプロセスになるのです。患者さん本来、治す力がどこに眠っているのだろうか・・・。冷静に、かつ正確に判断しなくてはならないのです。私自身、高麗手指鍼に悩み悩まれ、結果患者さんがよくなってくれれば、高麗手指鍼に出会えてよかったと繰り返す毎日です。 私は、患者さんと出会った瞬間から始まって「お大事に」といって次に来院するまでもずっと色んな策を練りながら治療手段を考え続けています。そんな時、いつも助けてくれるのは、高麗手指鍼。 高麗手指鍼とは、あくまで私が鍼灸師として治療のアイテムの1つと思っていたものが「武器」となってくれているのは心強く、必要不可欠な存在です。

韓国に行ってあらためて、高麗手指鍼の奥の深さに魅了されてしまいました。



▲ページ上に戻る